病気で長期間入院している子ども達にとって最も辛いことは、病気の治療ではなく時間を持て余すことです。病院という外の世界から隔離された世界で生活する子ども達は、退院後、もとの生活にスムーズに復帰することができません。この2つの課題を少しでも解消できればと考え、いくつかの活動を作ってきました。https//www.littledoor.org

 

 今回は病室にいる子ども達が参加できるスポーツです。「誰もが楽しめるスポーツ」をコンセプトに、独自に「車いすフットボール」を開発された糸賀亨弥氏と一緒に、病室とフィールドを直接繋ぐ試みに挑戦することになりました。

 

2018年7月27日(金)全国に15ある小児がん拠点病院のひとつでスタートしました。

 

*社会人リーグに所属しているトライスターズと関西学生アメリカンフットボールリーグに所属している天理大学アメリカンフットボール部のご協力を得て活動しています。


みんな参加できる

アメリカンフットボールは選手それぞれの役割が高度に細分化されたスポーツです。フィールドで実際に試合をするだけでなく、ゲームの戦略を立て、作戦を考えることが重要なスポーツです。病室にいても作戦を考え、それをプレイヤーに伝えることで試合に参加することができます。

 

活動目的

難病で病院に入院している子ども達は外の世界と隔離された空間で毎日を過ごしています。子ども達と外の世界をつなぎ、子どものその家族が孤立した存在ではないこと、沢山の応援者がいることを伝え、実感してもらうことがこの活動の目的です。


この活動を支えている団体・企業